くんちの季節が始まった

今年もくんちの季節が始まってます。

長崎くんちは、正式には(?)、6月1日の”小屋入り”から始まります。小屋入りとは、今年の踊り町のお世話役や出演者が、諏訪神社と八坂神社で御払いを受けて、無事出し物を奉納できるよう祈願し、出し物の稽古を始める日です。
そして、ワタクシ的には、諏訪神社の桟敷券が発売になる6月7日から始まります。
毎年、東京よりお友達が観に来るので、朝早く出かけて行ってチケットを撮ります。

b0341165_11274324.jpg

拝殿へと続く大門の下にあるスペース。ここで出し物の奉納が行われます。石畳の周りに櫓が組まれ、桟敷席が作られます。
大門へ続く急な階段は長坂と呼ばれ、ここにも人が座ってくんちを盛り上げます。
地元のTVクルーも桟敷券の発売を取材にきています。

b0341165_11232266.jpg
大門を入ったところ。正面に見えるのが拝殿です。
ここで、桟敷券が発売されるので、人がたくさんいます。1~2日前?から整理券も出ていますが、点呼があるので、遠くには行けません。良い席を取りたい人は、泊りがけか、複数で交代したりしています。 私は当日の朝早く出かけて、”くんちの夕べ”A席を確保します。S席はたいてい前の晩までに整理券が終わってしまいます。

今年は席の抽選(A席の中での座席は抽選で決まります。自分でくじを引きます。)で、結構良いところを引けました。 良かった…。
朝5時半ごろ家を出て、抽選が終わるまでいると9時ごろまでかかります。

b0341165_11473124.jpg
大門の内側から眺めた長崎の街。 山の斜面に沿って家がたくさんあります。

**********************************

やっと少しステッチする気持ちの余裕が出来てきたので、前々から、この季節になったら刺そうと決めていたアガパンサスを刺しています。
頂きもののチャートと残り糸。大事にとっておきました。 糸はたっぷり残っているので、足りそうです。

b0341165_17201755.jpg
     CLARA WAEVER

今は、道路脇の花壇にたくさんきれいに咲いて、雨に煙っています。 紫陽花と同じように梅雨を思い起こさせる花になったのかな?

*************************
 
そういえば、以前刺した Jana Hauschild さん。(ここ↓
本に載っている”タチアオイ”のデザインが、Evaのものとそっくりとかきましたが、
クララさんのチャートに Jana Hauschild のデザインと書いてあるものがありました。
そのチャートの番号から推測すると、’72,3年のころのデザインのもののようです。
Janaさんは、Clara Waeverのデザインをしていたのですね。
Evaのタチアオイは、きっとJanaさんがデザインしたものなのでしょう。謎が解けました。



[PR]
by tama2neko | 2016-06-30 18:09 | ステッチ | Comments(0)
<< 残暑お見舞い申し上げます MUCHA展 >>