五島灘を見に行く

くんちで東京からきた友人と外海方面へ。

外海(そとめ)は、長崎の西側、西彼杵半島のまさに外海(そとうみ)側のところです。

16世紀中ごろ、ここは日本で最初のキリシタン大名になった大村純忠の領地で、短い間でしたが横瀬浦というところにポルトガル船も来ていて、たくさんのキリスト教信者がいました。 禁教時代、隠れキリシタンも多くいたようで、明治になり禁教が解けると、もうすぐ世界遺産になるであろう ”長崎の教会群とキリスト教関連遺産” の構成資産の大野教会堂や出津教会堂などが建てられました。 
遠藤周作さんの『沈黙』の中にでてくるトモギ村のモデルになったのはこの辺だそうな…。

海沿いの丘の上にある道の駅、”夕陽が丘そとめ”から見た五島灘。
この向こうに五島列島があって、東シナ海へと続いています。 お天気が良ければ、海がとても綺麗なのですが、あいにくこの日は曇りでした。 西果てですので、名前の通り海に沈む夕陽がきれいなところ。 隣接して遠藤周作文学館があります。

b0341165_11292445.jpg

b0341165_11302229.jpg
b0341165_11303695.jpg
2001年まで石炭を掘っていた池島が見えます。 今は炭鉱体験のできる施設があります。
 


ここからは、出津教会も見えます。
b0341165_11393010.jpg
真ん中の塔のあるのが出津教会。 周りには出津救助院という授産・福祉施設の建物も残っています。
出津教会は、明治の初めにフランスから来たド・ロ神父により建てられた教会で、貧窮した生活をしていた村人のために、マカロニやソーメン作り、織物,イワシ網工場などの授産施設も作りました。 ド・ロ神父記念館には当時のさまざまな資料が展示されていて、見ることが出来ます。 イワシ網工場で使われていた道具は、タティングレースのシャトルとそっくりで、面白かったです。
b0341165_12012513.jpg
近くで見るとこんな感じ。

ふもとには外海歴史民俗資料館もあって、隠れキリシタン関連資料の観音像やオラショなども見れます。



少し北上して大野教会へ。
山の中腹にひっそりとある教会。 こちらもド・ロ神父により建てられたもの。

b0341165_12061688.jpg
b0341165_12065117.jpg
この辺の建物に特徴的な石積技法の建物。
とても静かなところですが、世界遺産になったら人がたくさんくるかな…。
 


来た道を南下して黒崎教会へ。


b0341165_12080164.jpg

b0341165_12082017.jpg
先日、12月公開の山田洋二監督の「母と暮らせば」のラストシーンが撮影されたところ。
ニノ担感慨。

******************************

ステッチは、よ~~やくクララさんのスグリできました。
刺してはほどき、刺してはほどきしていたので、普通に刺せば、遅刺しの私でも2,3枚は刺せたかも。
かといって、出来上がりにすごく満足というところまではなかなか…。 結構色選びは難しかったです。


b0341165_12361389.jpg

b0341165_12365954.jpg
なんかこの赤が違うかな~?

b0341165_12371700.jpg
CLARA WAEVER nr.26-3548
布:Eva Rosenstand (Permin)
糸: DMC,Cosmo,Orimpus,Anchor

額にいれてみました。 しばらく楽しみます。

[PR]
by tama2neko | 2015-11-04 12:47 | ステッチ | Comments(2)
Commented by cat at 2015-11-05 17:38 x
西洋とはまた違った教会の建物ですね。
中が見たいものです。
一度 行ってみたいですね~♪

クララさんのスグリなんですね。
ななかまどに似てるような気がします。
今 真っ赤で綺麗ですよ。
ちょうどこんな感じです(^^)
Commented by tama2neko at 2015-11-06 10:42
おはようございます、catさん♪

世界遺産候補の教会の中は、ミサなどがなければ、事前連絡をすれば、見せて頂くことはできるようです。(もしかしたら、団体だけかもしれませんが…)
窓の外から中を伺うことはできます^^。
 
スグリは糸見本が無かったので、色選びが大変でした。 だいたいこの色かな~?とあたりを付けて刺しても、周りの糸との釣り合いがとれなくて、何度も選び直しました…。糸だけで見て、これでいいかな、と選んでも、刺してみると周りの色によってイメージと違う色になってしまうのです。 資料がたくさんあればもう少し糸選びし易かったかもしれませんが…。
実物のデザインは好きなので、チャートが手に入った時、いつか刺したいな~と思っていたので、取りあえず刺せて良かったです。

寒いところでは、実の色つきや紅葉は綺麗でしょうね。 長崎でも紅葉はしますが、やっぱり北国とは鮮やかさが違うのではないかな~?

<< クララさんの復刻 長崎くんち 2015 vol.2 >>