カボッション

長崎では、8月に入ってからはほとんど雨。晴れの日は2,3日だったような気がします。
土曜日は、久々に青空が少しのぞいていましたので、出島ワーフに出掛けてお昼を食べました。
空の高いところには、もう、いわし雲。早々と秋の気配を感じました。

********************************

カボッションとは、もともと宝飾用の石のカットの仕方の一つで、石を丸くドーム状にしたものですが、ビーズアクセサリーの材料としては、穴が無くて片面が平らな物全般を指します。 ですので、裏面がたいらなものであれば、お花や葉っぱの形だったり、カメオ状のものもカボッションと呼んでいます。
b0341165_14311444.jpg
左側から、日本製、チェコ製、西ドイツ製(1940~1970?年代)

左端の三角のカボッションは、戦後割と早い時期にチェリーブランドという名でアメリカに輸出されていたものの里帰り。 日本やチェコ、西ドイツなどで生産されたビーズやグラスストーン、カボッションを使ってMiliam Hasakellとか、TrifariやCoroなどのコスチュームジュエリーが作られていたのですね。

ビーズアクセサリーの材料として使うときは、台座に張り付けたり↓、ビーズでくるんだり↓、ワイヤーで止めたりして使っています。
b0341165_13450403.jpg
相変わらず、写真がひどい…カメラのせいかしらん…(いや、自分の腕が悪いせいです、ハイ…)

**********************************

ステッチの本、久々に買いました。 ステッチ本やチャート、すでに私の製作能力を超えているので買うのは止めていました。 でも、好きなHelenさんの、鳥のデザイン。…買ってしまいましたよ。見てるだけでも楽しい。”これ刺したいわ~~”と妄想が膨らみます。
 

b0341165_14013564.jpg
『Les oiseaux a broder au point de croix』Helen Le Berre MANGO Pratique



[PR]
by tama2neko | 2014-08-27 14:15 | アクセ作り | Comments(0)
<< もう10月も半ばを過ぎて パールとTamaと >>